歩くならコレが必要

その前に~必読~


1、来島前に靴底の洗浄をして下さい。
  靴底の溝に付いた土・泥の中には、目にみえない他所に生育する植物の種が
  紛れ込み繁殖する事で島の花々が消えてゆく原因になってしまいます。

2、写真撮影の際、お花畑に踏み込まないようにして下さい。
  実は踏みつけた下に沢山の花芽が息衝いているんです。

3、遊歩道以外を歩かない、踏み入らないで下さい。
  対向者とすれ違う時は広くなっている場所で通過を待たないと花を踏んでしまいます。

4、緑の葉なども踏まないようにして下さい。
  花をつけていない葉も次の季節に咲く準備をしているものが多いからです。

5、トレッキングポールの使用は控えて下さい。
  ポールの使用は遊歩道の崩壊・花々を傷める原因になります。
  使用する際はゴムキャップを着けましょう。


最低必要なものはコチラ・・・・

この島に来る前に必ず用意しておきましょう。

トレッキング
シューズ
軽登山靴(これに合わせた靴下は厚手のもの。靴ずれ防止に。)
透湿性あり靴底のしっかりしたものを。
※しばらく履いていない靴は靴底に使われているポリウレタンが劣化していることがしば しばあります。出発前にチェックしておきましょう。
デイバッグ ザックは25L程度の背負いやすいもの(全ての荷物を入れて両手をあける事が大切。)
雨具上下 レインスーツ・ゴアテックス製などの透湿性が高く、動きを妨げない雨具を。
防寒着代わりにもなる。
6・7月は天候が崩れやすく雨、霧、風にみまわれることも多い。 雨具は必携!!
※傘の使用について:強風の日が多く傘を広げられない日がほとんど。
 自分だけでなく、周りの人に怪我をさせてしまう原因にもなりますので雨具は断然カッパをオススメします。
服装 速乾性長袖・半袖Tシャツ(日焼けにはご注意)
速乾性トレッキングパンツ
(足首まで隠れるタイプがツタウルシかぶれ防止、けが防止になるのでおすすめ。)
軍手 けが防止、ツタウルシかぶれ防止。防寒にも。
帽子 強風の日が多いため、帽子が飛ばされないようクリップを付けておくとよい。
飲み物・甘い物 水・チョコレート・飴など、疲れる前にとるのが大切!
ゴミ袋 必ずごみは持ち帰り。
日よけ対策 サングラス・日焼け止めローションetc・・・

大変天気の変わりやすい島です。
出発時に晴天であっても急に霧がかかったり、雨が降ったり、強風にあおられたり・・・
6~8月の真夏でもすごく寒くなったり・・・
温度調節ができる重ね着、長袖、雨具は必須携行品です。
汗をかく前に上着を脱ぎ、休憩中は上着を着て体を冷やさないようにするのがポイント!

 
ページトップへ